ゲノム編集トマト苗配布問題オンライン記者会見参加申し込み開始

 昨年、サナテックシード株式会社/パイオニアエコサイエンス株式会社はゲノム編集トマト「シシリアンルージュハイギャバ」を市民の希望者に無償配布しました。そして今年からは障がい者福祉施設に、そして来年からは小学校に無償配布する計画を発表しています。

 政府はゲノム編集による遺伝子破壊は自然界で起きる変異と同等として表示義務も課さない形での流通を認めてしまっていますが、自然界では起きない染色体損傷の事例もゲノム編集では起きる可能性が指摘されるなど、その安全神話は早くも崩れています。そして安全の検証実験はなされず、国会での論議もされないまま、子どもたちに育てさせるという発想に対して、全国から大きな反発が出ています。

 この事態に対して、OKシードプロジェクトでは緊急オンライン署名を開始し、参加をよびかけました。現在、8800を超す署名が集まっています。北海道や熊本県、千葉県、つくば市、鎌ケ谷市などでも取り組みが行われ、北海道では苗の受け取り拒否を決めた自治体が出るなど事態は動き始めています。

 今までに集まった署名を両社に提出すると共に、全国都道府県知事、教育長、障がい福祉課宛に送り、苗を受け取らないように求める予定です。
1月27日にその報告と共に、この問題にとり組んでこられた全国の方々にも報告いただき、この問題に関する記者会見を開催いたします。

 この一連の動きは日本のマスコミにはほとんど流れていません。マスコミの記者にこの問題を知らせることが記者会見開催の第一の目的ですが、マスコミに限らず、さまざまなメディアのご参加を歓迎します。

 そして、この問題を懸念される障がい者福祉施設に関わるみなさま、小学校に関わるみなさま、市民の方たちにもご参加いただき、この問題をどうしていくか、考え、行動に向けた機会へとしていきたいと考えます。

 また各地での取り組みをぜひお知らせください! またメディア関係者の方にこの記者会見を知らせてください。メディア用のお知らせ(PDFファイル1.3MB)

 オンライン記者会見(Zoomミーティングで行います)はすべての人に開かれています。参加ご希望の方は下記の参加フォームから参加申し込みをお願いいたします。

日時:2022年1月27日午前11時〜12時
参加無料(この記者会見はOKシードプロジェクトのサポーターであるなしを問わずすべての人に開かれています)
参加申し込み:https://okseed.jp/prconf.html
オンライン署名(継続中):「小学校や障がい児介護福祉施設にゲノム編集トマトの苗を配らないで!」 https://okseed.jp/act/

OKシードプロジェクト サポーター募集中 https://okseed.jp/supportus.html
OKシードプロジェクトをご支援ください!https://okseed.jp/donation/


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

ページの先頭へ