6月14日「あきたこまちR」の不当表示問題を消費者庁へ要請する市民集会 ー 2025年産「あきたこまち」の品種は何なの?ー

 2025年産米から、秋田県の種子供給がこれまでの品種「あきたこまち」から新品種「あきたこまちR」に切り替えられます。ところが、消費者が目にするスーパー等の店頭での米袋や広告・宣伝は「あきたこまち」という銘柄名となり、区別がつかなくなります。
 食味などは同じだといわれていますが、「R」がつくことで下記のように大きく異なる品種です。

・土壌の重金属カドミウムをほとんどコメ中に吸い上げない「カドミウム低吸収性」であるが、「マンガン」(ヒトでは必須ミネラルの1つ)も3分の1程度の吸い上げとなる(水田条件によってゴマ葉枯病にかかりやすくなる)。
・放射線重イオンビームを使用した品種改良技術により開発した「コシヒカリ環1号」の交配種であり、コメの安全性は確証されていない。
・「あきたこまちR」は、品種登録され、しかも遺伝子とイネに「特許」をもつ。遺伝的に劣性(潜性)なので交雑を避けるためにも自家採種禁止。生産者は毎年更新(タネの購入)が必要。

 このような「あきたこまちR」を「あきたこまち」と表示して販売することは、消費者の知る権利、選ぶ権利を侵害するものです。消費者庁が管轄している食品表示法、景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)の「不適正」な表示、「虚偽の不当な表示」に当たると考えます。
 速やかな措置をとるよう、消費者庁に要請しましょう。

参照:https://okseed.jp/radiation/entry-236.html

==================
「あきたこまちR」の不当表示問題を消費者庁へ要請する市民集会
ー2025年産「あきたこまち」の品種は何なの?ー


日時:2024年6月14日  15:30〜16:30
場所:参議院議員会館 B102会議室(定員36名)あるいはZoomによるオンライン配信(定員500名)
参加費:無料(要申し込み)
申し込み https://forms.gle/8bEJDfYzKk8GQuuE6
呼びかけ団体:OKシードプロジェクト/日本有機農業研究会
連絡先:OKシードプロジェクト komachi@okseed.jp
==================


《ご支援をお願いします》 
OKシードプロジェクトのすべての活動は、広く市民の方たちの寄付でまかなわれております。
ぜひ、ご支援をお願いいたします。
★寄付はこちらから→https://okseed.jp/donation/
 
#OKシードプロジェクト
#ゲノム編集食品に表示を
#ゲノム編集でない食品にOKシードマーク



関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

OK$B%7!<%I%&%'%V%P%J!<(B

ページの先頭へ