ゲノム編集トマトを受け取らないで!
ゲノム編集トマト苗配布問題に関する全国交流会



 1自治体でも受け取り拒否が出た都道府県は緑色で表示されます。都道府県をクリックすると各都道府県の取り組みの内容が表示されます(まだ空白がありますが、近日中に追加予定です)

 サナテックシード株式会社/パイオニアエコサイエンス株式会社は2022年度から全国の福祉施設へ、2023年度から全国の小学校にゲノム編集されたトマト(シシリアンルージュハイギャバ)の苗を無償配布する計画を打ち出しています。

 安全性が確認されていないゲノム編集トマトの苗を福祉施設や小学校に配ってしまえば、福祉施設利用者や小学生たちはゲノム編集トマトの栽培を押しつけられてしまう可能性が高くなります。これは大きな問題であるとして、これまで全国各地の市民団体によって地方自治体にこの苗を受け取らないように求める要請行動が組まれてきました。そして、9月6日現在、全国で122の自治体の首長および教育長、福祉担当部署がこの苗の配布を認めない姿勢を明確にしています。経緯とそれへの取り組みの詳細まとめページ

 10月19日、全国で関わる団体・個人がオンライン会議に集い、これまでの経験を共有し、今後の取り組みを考えるための全国交流会を開催いたします。

 ぜひ、ご参加ください。参加は無料です。

日時:2022年10月19日 午後8時〜9時半(20時〜21時30分)
オンライン会議(お申し込みが必要です。Zoomミーティングを使います)
主催:ゲノム編集トマト苗配布問題に関する全国交流会実行委員会

基調講演:天笠啓祐氏(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)
活動報告:北海道、徳島など
今後に向けた議論に時間を取ります。

お申し込みフォーム

ゲノム編集トマト苗配布問題に関する全国交流会実行委員会参加団体



団体名(都道府県)申し込み順


実行委員会参加フォーム


ページの先頭へ